マットの選び方


Naturalistaでは、3つの点から
myマットを持つのをオススメしています!

(1)安定性:手足が滑らないようにするため
(2)安全性:膝や坐骨の保護をするため
(3)快適性:深いリラックス効果を得るため

不特定多数の方が使っているレンタルマットより、
マイマットを管理した方が衛生的なのは明らかです🌟💡

けれども、街中に溢れるヨガマットたち…
沢山種類があって選択肢豊富なほど迷いますよね。
「どれを選んだら良いかわからない〜」という方のために、
「厚み・材質・デザイン」の観点から
選ぶときのコツをシェアします♪


ちなみに私は「畳ヨガ」のマットを愛用してます♪
抗菌・防臭効果と耐久性が素晴らしい!
そして何と言っても、い草香りに癒される…♡

(1)厚み

サイズは長さが約180cm、幅が約60cmが一般的です。
厚みは用途に応じて選びましょう✨
1~3mm→持ち運びやすさ重視のトラベル用
4~6mm→クッション性・安定感の面で安心(初心者向き)


(2)材質

・TPE=熱可逆性エラストマー
比較的新しくできた素材で、最近の主流な素材として使われています。
環境への配慮がされているエコな素材であることが特徴です。
軽くてにおいがほとんど無く、水拭きも可能でお手入れが簡単♪
・天然ゴム
安定した弾力、グリップ力があり滑りにくく本格的にヨガをする方が長く愛用できる素材です。天然のゴムの木の樹液から作られているのでもちろん環境にも優しいエコな素材です。ただし、天然ゴムに含まれる成分がアレルゲンとなることがあるため、アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。ゴムの匂いが気になる方にはオススメしません。
・PVC=ポリ塩化ビニール
旧来からある素材で一時はほとんどがPVC素材のヨガマットでした。
安定感があり、クッション性も良く安定感があり、
バランスのとれた素材として使われています。

においが気になる場合はヨガマット専用クリーナーなどを活用して、
日頃のお手入れをこまめにすることで軽減されます。


(3)デザイン

初心者の方にはセンターラインが入ったマットがオススメです。
それによりポジションの確認ができるからです。
あとは色や柄などお好みで!使っていて気分が上がるものを♡



【お知らせ】
ボイスヨガ講師養成講座」お申込受付中✨

2019年4月〜講座スタート! お問い合わせはコチラ

【サイト運営】

東京都港区麻布十番を拠点に、
セルフコンディショニングに役立つ
「一生モノ」のヨガをお届けしています。
Instagram   : @voice_yoga
Twitter      : @voiceyoga_jp

滞ったココロとカラダに、
風が吹き抜けるような心地よさを。


【スタッフ募集中】
・クリエイティブ(動画撮影・動画編集)
・広報PR、マーケティング
・ライター、カメラマン
詳しくはコチラ